×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

協議離婚にはどのぐらいの期間かかる?

協議離婚にはどのぐらいの期間かかるものなのでしょうか?

夫婦間の話し合いで合意できたのであれば、役所に離婚届を提出すれば、すぐにでも協議離婚は成立します。調停離婚(調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)や裁判離婚と比べれねも、時間や費用がかからずに済むだと言えると思います。しかし、実際は、離婚条件の話し合いがまとまらず、争いに発展することも少なくありません。

また、離婚(審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)の際、子供がいる場合は、親権者をどちらにするのか離婚届に必ず記載しなければなりません。

早く離婚したいからといっても、とりあえず相手に親権を譲ってあとから変更したいと思っても、重大な事情の変化がない限り、安易に変更できなくなってしまうそうです。それに、離婚後のトラブルを避けるために、合意内容を文書にして作成することもあるかと思いますが、文書を作成するのに時間がかかることもあるのです。

弁護士等に相談してから、文書を完成させるまで、早ければ2週間程度、長期に渡る場合は半年以上かかる可能性もあるかもしれません。夫婦間での話し合いで、どれだけ早く合意できるかが協議離婚にかかる期間の重要なポイントとなってくるのです。